表参道|5 SCENE AOYAMA(ファイブシーンアオヤマ)>リクルート>表参道の美容院 5SCENE 美容院の求人

表参道の美容院 5SCENE 美容院の求人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
表参道の美容院 5SCENE 美容院の求人

この記事を読むのに必要な時間は約12分です。

表参道の美容院 5SCENE 美容院の求人


はじめに

今、美容業界は大きな節目を迎えています。

私は21年前、立派な美容師を目指し田舎から上京しました。当然ですが当時と今の時代の変化は著しいもので表参道の美容院事情、求人情報も随分と変わりました。

SNSや集客媒体など可愛いヘアスタイル写真や動画等を見ない日はないというくらい美容情報が溢れていますし、美容業界のみならず「IT×美容院」これがスタンダードになってきているのは確かです。

表参道美容師の働き方、求人も様々です。

フリーランス(業務委託、面貸し)で自由を選び働く美容師。大きな組織においてブランド力で個を磨く美容師。社会保険完備福利厚生を優先に考える美容師。SNSで自己ブランディングして成長する美容師。技術で日本一世界一を目指す美容師。ファッションの発信地青山、表参道という激戦区で働きたい美容師。本当に様々な美容師のスタイルがあります。

働く側にとっても何を基準に求人を見て働く職場を選んでよいのか、自分がどのような美容師になりたいのかも漠然に思っている美容学生さん含めて表参道の美容師の方も多いのが現実だと思います。

将来的に独立したい、ヘアメイクの世界に行きたい、グローバルに働きたい。趣味との時間をバランスよく働きたい、様々な夢があるでしょう。

新規集客するにもSNSでフォロワーを増やす、クーポンサイトでブログやヘアスタイルをアップする等が表参道界隈での美容院も主流です。確かに能力のある美容師がどんどん可視化されてくるように思う一方でそのようなツールに頼るのではなく、人に話したくなる、紹介したくなるような魅力ある美容師、お客様が「そのヘアスタイルどこで切ったの?」と聞かれるようなヘアスタイルを作る美容師像が本来の私たちが目指すところで、まず目の前のお客様に喜んでいただけるということが本質だと思います。最近ではITのノウハウを美容業界に持ってきて上場するという話も耳にします。冒頭でも書きましたが「IT×美容院」というのが当たり前になっています。これから先もっと変化を遂げる美容業界だからこそ特に表参道青山エリアの美容院の求人は人気もあります。

しかしながら、社会保険の加入率も低い美容業界です。なかなか美容師の生活水準を高めていくのに苦労する現実的な問題も美容業界にはあります。その美容院のヘアスタイルが可愛いから、社会保険があるなどだけではなく、自分自身の考えをしっかり持てるかどうかが今後改めて重要な時代になります。

何においても効率化、同じことの繰り返しではなく毎日を刺激的に過ごしていかないとモチベーションも維持できない。ビジネスをやるにおいては必須なことでしょう。しかし、美容師含め他業種においても、手に職の職人は一流を習得しようとすればそれなりに時間がかかるのは当然であって、習得したその先の向こう側に自分が描く未来を描けるかどうかです。いかに成長できるか人間力を高められるか、諦めないで追いかけ続けられるかしか道は無いと感じています。近道は無く日々の積み重ねが答えです。技術は必ず上手くなれる。けれども人間力や感性は、本人の努力と周りの環境が大きく左右します。

人は人材ではなく財。会社にとっての財です。そんな人財を心からサポートし導いていける、そして共に成長できる会社を目指しています。


最後に、私たちの仕事はお客様に喜んでもらえ、人から必要とされ、世の中の役に立つ美容師になっていくことです。今の美容業界を盛り上げていける会社、そして社会の責任も担っていけるようにと思っております。


社会保険

近年、美容業におきまして特に青山表参道界隈の求人情報は年々増えております。正社員、業務委託、面貸し、と一見お客様からするとその美容院のスタッフには変わりありませんが、様々な雇用形態が増加傾向にあります。

簡単には大きく分けて正社員、業務委託面貸しの違いはそのスタッフに対して社会保険が有無が大きな違いです。今の美容業界では社会保険の加入率はまだまだ低いのが現状です。

法人であれば社会保険に加入義務が生じますし、個人事業の場合でも常時5人以上の労働者がいる際は加入義務が生じます。しかし飲食業や理美容業など一部の業種においては常時5人以上の労働者がいる場合でも加入義務が生じません。そのような経緯からスタッフ数が多い美容院においても社会保険に加入していない美容院が多くある現状です。

これからの美容業を10年20年と先を見据え美容師の生活水準を高める上でも従業員の未来を考えても社会保険完備は当たり前の上での業界になりたいと思いますし、これから新しい就職先を探される美容学校生におかれましても社会保険完備している会社(求人)を選ぶことは必須だと考えます。




福利厚生

5SCENE2018105日で3周年を迎えますがまだまだ若い表参道にある美容院です。その中でも定期的に日常とは違う環境のもとスタッフ同士仕事もプライベートも交流会をします。過去の一部をご紹介します。

スタッフ同士有意義な時間を共有してお互いに高め合っています。


『1周年を記念して』


『レクレーション 西湖キャンプ』


『スタッフの家族も一緒にBBQ』

募集要員(求人)



勤務地   南青山(プラダを曲がって直ぐの立地)


雇用形態  正社員


職種   アシスタント


勤務時間  

月・木・土 11:00〜20:00

水・金   12:00〜21:00

日     10:00〜19:00

定休日    火曜日

隔週週休二日・有給休暇・年末年始休暇・特別休暇

スタイリストになると月8~10日(休日日数希望選択制)
※土日の休み希望可

給与 180,000円〜 +店販給

応募資格・条件  美容師免許保有者


社会保障完備・厚生年金・雇用保険・労働保険・東京美容健康保険

カリキュラム

5 SCENEの4つのカットの特徴


①骨格をベースに考えたカットだからこそ、その人に合わせたバランスの良いヘアスタイルを作れる

5SCENEのカットの特徴はまず骨格をベースに考えたカット技術になります。まずオリジナルのブロッキングの取り方があり、組み合わせとしては数十通りに応用が可能です。そのブロッキングを頭に入れることにより骨格をベースに考えたカット技法というのは日本人のみならず人種問わず対応できるカット技術になります。実際に5SCENEのスタイリストのお客様では外国人のお客様も多くご来店されています。

日本人の頭の形としては四角くてハチが張りやすい、襟足の生え際が深い、髪が生えている方向のクセが強いなど悩みは多々ありますが、骨格をベースに考えることでその人ならではの仕上げたいバランスのヘアスタイルにすることが可能です。


②セニングシザーを極力使わないカット

5SCENEではシザーの使い方が多種多様で、特殊なブロッキングである上に必要な位置に必要なテクニックのカットを施すので質感を汚しやすいセニングシザー(鋤きハサミ)はほとんど使用しません。日本人は髪が多く剛毛で海外の美容師からは嫌がられることを耳にすることがあると思いますが、それは日本人の美容師のスキルが高いことの象徴であるとも言えます。剛毛多毛の髪をセニングシザーで鋤いたり、レザー(剃刀)カットで毛先を薄くしたりと簡単に量は減らせますが、お客様のお手入れは大変なことになってしまいます。5SCENEではそのようなことが無いようにシザーのみでヘアスタイルを創ることがベースになっています。


③再現性

ごまかしの効かないカットであるからこそ再現性が高い。②でお話ししたように毛量をデザインとしてではなく、ただ安易に軽くしてスタイルを創るのではなく、その人に合ったバランスでのヘアスタイル、切り方だからこそ、ご自宅に帰られてからでも容易に再現することが可能です。


④時間

5SCENEのカットの考え方はシンプルです。習得してしまえば頭の中でスタイルの構成やバランスを直ぐに起こせることができカットにかかる時間は早くて5分。特殊な場合以外は長くても15分以上かかることはありません。これはお客様の大切な時間をお預かりする上ではとても重要なことであり、美容師のスキルにおいては欠かせないポイントです。



これらの4つの特徴を念頭に、当社では若手に教育を任せるのではなく、キャリアのあるスタッフが指導します。実際にパリでセミナーを受けてきたり、日本全国で講師をしてきた経験豊富なスタッフたちです。

カットに関してはこの4つのポイントを軸に1年目からカット練習に入っていきます。3年目のデビューカリキュラムを組んでおります。


撮影


撮影はその美容院のイメージを創る上では必要不可欠な取り組みです。

主に2つの撮影があり、一つはサロンワークベース(ヘアカタログ等)、もう一つはシーズン的に5SCENEの大切なイメージ創りのビジュアル撮影です。その他、媒体等の撮影になります。

その撮影はクリエティブなイメージを膨らませて取り組むことで普段のサロンワークには欠かせない要素です。今のトレンド、感覚を大切にして何がクオリティの高いものなのかを考えることが自分の未来を作り出します。

スタイリストとアシスタントが一緒になって撮影を行なっていきます。


ホスピタリティ

表参道美容院、5SCENE2018105日で3周年を迎えます。これは5SCENEのお客様、スタッフ、ディーラーさん、関わる全ての方々のお陰で迎えられます。細かなことを言えば、毎日材料を配達してくださる運送会社さんや伊藤園の方、特に今年の夏は猛暑で過酷な中、毎日届けてくださいました。表には見えない方々も全て5SCENEに関わる皆様に心から感謝。それは相手側がお客様でもお取引先でも運送会社の方々でも僕たちが気持ちのよい対応ができる人間であることを目指します。


美容師の前に人であることを肝に命じて仕事をすることを大切にします。


私たちの仕事は技術職、サービス業ですが、心が通うということでAIにはできない人と人の繋がりを大切にしなければいけない仕事です。それは相手の気持ちが汲めるか、くすぐったいところまで手が届くかということです。


ホスピタリティの勉強として定期的にサービスの高いホテルやレストランへお客様の立場になってサービスを受けにいきます。予約電話の対応からご来店からの流れ、サービスをする側からされる側として初めて気付くことも多々あり勉強です。

お客様の立場に立って物事、行動ができるかということを重要に考えています。そういう勉強も兼ねてスタッフも成長でき5SCENEというカラーが生まれてくるのだと考えております。

お客様、関係者の方々全てに感動、喜びを届けられるホスピタリティを身につけていきます。


『リッツ・カールトンにて』

5 SCENE STAFF インタビュー

スタイリスト  冨田 紘史 (とみたこうじ)

   

   Q.『何をやりがいに仕事に取り組んでいますか?』

   A.『もう随分と昔の話ですけど、まだ美容師になって数年の時、辛くて毎日がモチベーションが上がらず、辞めようと思っていた時にシャンプー指名をしてくださるお客様がいて、その方に「元気ないね、どうしたの?」と聞かれたんです。その方から「あなたはファッションにも技術にもセンスがあるから自信を持って大丈夫よ」と言われ、当時、その言葉にものすごく救われたんです。「自分を必要としてくれている人がいる」って。先日も長年担当させてもらっているお客様がロンドンに転勤になって、「しばらくカットしてもらえませんが、冨田さんに切っていただいて本当に良かったです」って言われて。自分はお客様に育てて頂いているんだって再確認しました。そして、育ててもらっているのにカットすることでお金までいただき感謝までされる。こんな仕事他に無いですよね。シンプルですけど必要とされてることにやりがいを感じていますね。



   Q.5SCENEで働いて良いところはありますか?』

   A.ぼくは大手企業に15年勤めましたが、5SCENEでは良い意味でフットワーク軽く行動できる。今も商品開発して来年発売に向けて取り組んでいますし自分の意見をすぐに反映できるし形にできる。駄目なら直ぐに軌道修正して改善できる。もちろん大手企業ならではの良いところもありますけど、5SCENEのコンセプトは五感を通して感じたことが最高のシーン(場面)を生むということなので、自分たちで季節に合わせたハーブティーを決めて提供したり、価値観が合った仲間と前進できる、更にファッションの地、青山表参道で力をつけれるところだと思います。お客様との関係性も僕とお客様の一対一というより、お客様とスタッフ皆という感じが5SCENEなんだと思います。





   Q.『撮影で意識していることは何ですか?』

   A.『撮影ですか笑。そうですね、まず5SCENEのコレクションヴィジュアル撮影の時はそのヴィジュアルを通して何を伝えたいのかを考えます。割と美容院のヴィジュアルって、いかにも美容院っぽい感じのヴィジュアルが多いと思います。今の流行りって何となくフワッと毛先が遊んでるヘアスタイルだったり雰囲気だけの感じが多いから、何か雰囲気だけでない面白いものを常に探しています。その何かは常に探しているのでこれという答えはその時にでしかないんですけど、2017AWの撮影の時は一人のモデルでパーソナルの5つに当てはめて5人に変身するカットを撮りました。でも、ただ撮るだけじゃ面白くない。5SCENEのコンセプトは五感を満足させるという意味もあるのでメイクで五感を感じる鼻や目などの箇所にアクセントをつけました。

http://www.5scene.jp/special/2017aw.html

普通だったら5パターン撮って終わりだけど、その先に何かがあると常に考えています。その方が面白いですよ。

一方で、サロンベースでのヘアカタログの撮影は今の流行を意識して作品撮りしますね笑』


   Q.『今、就職活動されてる方々にメッセージありますか?』

   A. 最近の求人情報では社会保険完備や福利厚生などよく聞きますが、そこは5SCENEは完備してるけれど、そこではなく中身のない美容師にはなって欲しくないなと思いますね。さっきの撮影の話じゃないけれど、これくらいでいいか、とか、もう大丈夫でしょとかでもない。もうちょっと先、一歩先の何かを見つけにいく美容師になってほしいと思います。5SCENEはこれから先も価値観の合う仲間で進んでいくけど、会社がお店を作るのではなく自分たちがお店のブランドになっていく。自分というブランドがお店を作るんだと一緒になって進むスタッフがいいなぁって思っています。

ぼくの考え方に共感できる方、とりあえず、5SCENEへ!笑



加藤 俊介

加藤 俊介

Written by:

加藤のご予約は電話予約のみとなっております。

※年内のご新規の方の受付けは終了致しました。大変申し訳ございませんがご新規の方のご予約は来年1月以降となりますので宜しくお願い致します。

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

加藤 俊介は、こんな記事も書いています。

  • 3周年にて

    3周年にて

  • 3th Anniversary

    3th Anniversary

  • 表参道の美容院 5SCENE 美容院の求人

    表参道の美容院 5SCENE 美容院の求人

  • weeksdays

    weeksdays

  • GUEST

    GUEST

  • 謹賀新年 2018 START

    謹賀新年 2018 START

新着ヘアスタイル

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2013 5 SCENE AOYAMA All rights reserved.